Arch Linux上でPythonを使った数値計算用の環境を構築するメモ。

pacmanやyaourtでopenblas等を必要なものを入れておくと楽。自分は

$ yaourt -S openblas-lapack tk tcl

あたり。抜けがあるかもしれない。
システムのPython環境を汚したくないため、venv上に作る。

$ mkdir ~/venv
$ cd ~/venv
$ python -m venv ncenv
$ . ncenv/bin/activate

あとはpipでインストールする。

$ pip install ipython numpy scipy matplotlib

ビルドには少し時間がかかる。
openblasを入れた場合は勝手に見つけてきて使用してくれるはず。
もしインストール中にエラーがでたら、何かが不足しているのでpacmanで入れてあげる。

使うときは

$ . ~/venv/ncenv/bin/activate
$ ipython

ipythonの対話シェルは高機能で便利。対話シェルの中であっても

%run script.py

でスクリプトを実行可能。