最近、買った本を紹介します。
「物理数学の直感的方法」(長沼伸一郎 著)という本です。



内容は、

第1章 線積分、面積分、全微分
第2章 テイラー展開
第3章 行列式と固有値
第4章 eiπ=-1の直観的イメージ
第5章 ベクトルのrotと電磁気学
第6章 ε-δ論法と位相空間
第7章 フーリエ級数・フーリエ変換
第8章 複素関数・複素積分
第9章 エントロピーと熱力学
第10章 解析力学

となっていて、まさに大学の数学・物理学を勉強していく過程で、自分が躓いた(もしくは、現在進行形で躓いている)ポイントが新書サイズに凝縮されています。
直観的方法という言葉のとおり、数式変形で埋め尽くされたよくあるタイプの教科書ではなく、いかにイメージを描くかという視点で書かれています。
そういう意味で珍しい本です。
そんな見方があったか!と、目からウロコが落ちまくりです。

この手の本では珍しく、買ったその日にすべて読んでしまいました。


理系の大学生にお勧めします。
特に物理の講義で迷子になってしまっている人はぜひ。